ジャズは気楽な旋律-プロデューサーが出会った素顔の巨人たち


J-Yorkers:Yosuke Inoue(b) Taro Koyama(ds) Eishin Nose(p)
『望郷』のプロデューサー、木全信氏が本を出版しました。

ここに紹介させて頂きます。

http://www.amazon.co.jp/ジャズは気楽な旋律-プロデューサーが出会った素顔の巨人たち-平凡社新書-木全-信/dp/4582857310
「ジャズは理屈っぽい、こ難しくて楽しめないと言った風潮がいつに時代からか巷にはびこっています。しかし、今の時代ほどいたるところでジャズを耳にする時代は過去にあったでしょうか。おしゃれなカフェやホテルのラウンジあるいはビューティー・サロンではかなり前からジャズが流れていましたが、今や日本そばのお店、ラーメンやさん、洋食レストランにまでジャズが流されています。こ難しくて、理屈っぽい音楽ならそんなにいたるところで流されるわけがありません。
ジャズに対するこうした誤解、間違った先入観を正したくてこの本を書き上げました。アート・ブレイキー、やフレディ・ハバード、ケニー・ドリュー、マル・ウオルドロン、チェット・ベイカー、ベニー・ゴルソンなどぼくがレコーディングしてきたミュージシャンたちのジャズへの想いやエピソードなど、今までのジャズの本にはない彼らの生の声を聴くことができ、録音の苦労話やプロデュースの方法論など、ジャズの面白ろさや醍醐味を徹底的に掘り下げた本です。」木全信

 

J-Yorkers:Yosuke Inoue(b) Taro Koyama(ds) Eishin Nose(p)

Live in Tokyo”Kojyo no Tsuki”
https://www.youtube.com/watch?v=YQjJYqBwSY4&list=UUHDLnH3tkVS1GcpfI_8Qmzw

Album “Home Sweet Home”
http://www.amazon.co.jp/望郷-TRIO-J-YORKERS/dp/B0000UN2SW/ref=cm_cr_pr_product_top

コメントは停止中です。