Inside out dream/アメリカのJAZZ批評家エドワード・ブランコ氏評論翻訳


Inside out dream

Eishin Nose アルバム 『Inside out dream』
アメリカのJAZZ批評家:エドワード・ブランコ氏の評論


New York-based jazz pianist Eishin Nose continues his affinity for the free form style of jazz on his third album, “Inside Out Dream” where he delves further into the free style genre painting a musical canvas of intricate lines and sophisticated grooves.

ニューヨークをベースに活躍しているピアニスト、
野瀬栄進は自己の作品に於いて自由なスタイルの作品を創り続けている。
3番目のアルバムとなる『インサイド・アウト・ドリーム』は、
彼のフリースタイルの探求をさらに進化させた作品であり、
音楽というキャンパスに複雑で洗練されたラインとリズムを描き出した。

Somewhat of a free spirit in the jazz world, Nose’s bent for pure improvisational music is evident from the two brief pieces simply titled “Nobody’s in Particular” parts one and two, where perhaps only true aficionados of the genre will appreciate the unstructured sounds. This however, dose not define the entire work on this album for Nose does have a gift for composition and delivers several note worthy scores.

ノセの純粋な即興演奏に対する情熱はアルバム曲の中にある『Nobody’s in Particular』#1、#2で証明する事が出来る。
フリー・スピリットであるはずのジャズの世界でも、
この2曲はその分野におき熱狂的なフリージャズファンだけに受け入れられ称賛される作品かもしれない。
しかし、彼のこのアルバムはその方向性(つまりピュアな即興演奏:
曲をその場で作曲するようなフリースタイル)を定義するものではなく、
彼は作曲の才能のギフトをも持っており、称賛
に値する数々の楽曲を生んでいる。

Accompanying Nose on this album are Eliot Zigmund on drums, Satoshi Takeishi on percussions and Dave Ambrosio on the bass—all of whom provide the musical landscape Nose uses to forge his music. Two very melodic and simply beautiful gentle tunes found here are the two Virgo pieces, “Here Is Virgo?” and the finale “Where Is Virgo?” where the pianists plays in a distinctly classical style accompanied by Zigmund’s graceful brush work and Ambrosio’s warm and disarming bass lines, clearly make these compositions the outstanding pillars of the album.

このアルバムにはドラムはEliot Zigmund、ドラムとパーカッションにSatoshi Takeishi、ベースにDave Ambrosioが参加しており、
野瀬の音楽世界に新たな音楽的風景を創りだしている。
メロディアスで優しく美しい2曲、『Here Is Virgo』と 『Where Is Virgo』のVirgo(乙女座)組曲があり、
ドラマーZigmundの優美なブラシとAmbrosioの暖かく調和的なベースラインのサポートにより
ノセは、はっきりと伝統的なジャズのスタイルで演奏している。
これらの曲はこのアルバムに於いて素晴らしい柱になっている事は間違いない。

The title track, at a minute and a half in length, delivers a very brief glimpse of Nose’s improvisational bent, while the next piece, simply titled “Hope,” provides another shinning example of the pianist’s skills as a composer with a tasteful soothing piece of music. approach.

タイトル曲にもなっている1分半しかない短い『Inside Out Dream』は、
その瞬間に作曲とアドリブを同時に作り上げるような
彼の即興芸術に対する情熱を垣間みる事が出来る。
その一方で次の曲では味わい深く且つスムーズな楽曲である『HOPE』があり、
彼の作曲家としての技能を見つける事ができる素晴らしい例である。

Perhaps the only departure from the basic theme of the album has to be the extremely brief “Chaser No Straight,” an inside out take on Thelonious Monk’s classic “Straight, No Chaser,” this one only clocks in at forty-four seconds. Yet brevity is not the norm on this effort as “Awamori Dance” and “Kaleidoscope,” both extend to nine and eight minutes respectively. While “Awamori Dance” explores more of the free form improvisational theme, “Kaleidoscope” contains a more traditional

ひょっとするとこのアルバムの出発点かもしれないChaser No Straighは、Thelonious Monkの『straight, No Chaser』を文字通り
Inside out(裏返す)しておりこの曲は45秒と非常に短い。
しかし短い曲を標準としている訳ではなく『Awamori Dance』と『Kaleidoscope』ではそれぞれ8、9分と長い作品になっている。
そして『Awamori Dance』は自由な即興演奏をしているのに対し
『Kaleidoscope』では決まった形式の中で即興演奏する奏法を取っている。

One thing is for certain, pianist Eishin Nose is not content with performing traditional jazz preferring the freedom that improvisation brings and with “Inside Out Dream,” he continues his dream of expressing the depth of his feelings through creative, intricate and challenging music—all of which, he provides here and after all, isn’t that what jazz is all about?

1つだけはっきり言えるのは、ピアニストの野瀬栄進は伝統的なジャズのイディオムだけで満足していない。
彼はより自由な即興芸術を好み、創造的で、時には困難で複雑でチャレンジングな音楽を通して
彼の奥底にあるフィーリングを表現する事を言わばドリームし続けている。
そのコンセプトはこの作品『Inside Out Dream』の作品の中で、あらゆるところで垣間みる事ができる。

彼の即興演奏に対するそのあり方は、
ジャズのあるべき本来の姿ではなかったろうか。

 

コメントを残す