プロフィール更新


 

野瀬栄進
ピアニスト・作曲家。北海道小樽出身。ニューヨーク在住18年。
Mannes College of Music, New School
ジャズ科卒業。
ジャッキー・バイヤード、リッチー・バイラーク、
フィル・マルコウッツ、バーリー・ハリス各氏に師事。 
ハーマン・ディアス氏にクラシック・ピアノを師事。        
NY Blue Note
を始めとする数々のクラブで演奏。 

 

アメリカの音楽評論家・エドワード・ブランコ氏に
『伝統的なジャズのイディオムを超えた、より自由な即興芸術を目指すアーティスト』と称賛される。 

 

音楽評論家・悠 雅彦氏に
『ピアニスト及び演奏表現者として、ちょうど画家がキャンバスにデッサンを書き上げて行くように

 自由な創造的精神で音楽世界を構築した。』と称賛される。 

 

 

1995年度      アメリカのジャズ誌『ダウンビード・アワード』受賞
2003
年度    『スイング・ジャーナル選定ゴールドディスク』受賞
2009
年度    『S&R Washington Award』受賞

 

 

 

20090511 Inside Out Dream』を発表。デイブ・アンブロシオ(b)武石聡(ds)エリオット・ジモンド(ds
2010
1220日  武石聡(パーカッション)とのライブアルバム『THE GATE』を発表。 
2011
0204  札幌キタラ小ホールにてソロコンサートを開催。  
2011
0724  札幌交響楽団と札幌キタラ大ホールにて「ラプソディー・イン・ブルー」を共演。 
2011
0816  ジェイムス・コマック(b)、デュアン・クック(ds)とのトリオアルバム『Waiting』を発表。 
2012
0128日  小樽市民会館にて札幌交響楽団と共演。
2012
0204  『Kitara Solo Concert』ソロアルバムを発表。
2012
0408日  札幌キタラ大ホールにて札幌交響楽団と『ラプソディー・イン・ブルー』を共演。 

20120904  公開FM録音番組 NHK『セッション2012』に井上陽介(b)小山太郎(ds)のトリオ(J-Yorkers)で出演。
2012
10月    宮本敬文監督『操上和美 -写真家の欲望』の映画音楽を担当。
2012
1114~16日 宮本敬文監督、Nikkon InterBEEのショートフィルムに出演。

20121225   武石聡(パーカッション)との渋谷でのライブアルバム『THE GATE,2012 Live in shibuya』を発表。

20130413日 ラフマニノフ交響曲第二番『アダージョ』をアレンジにしたものが、BS JAPANの番組で流れる

2013年7月19日 『S&R Washington Award』受賞を受けて、Washington D.C Evermayにて武石聡氏と出演予定。http://ht.ly/lYhqz

2013年7月28日 軽井沢ジャズフェスティバルにソロにて出演。

2013年9月13~16日 金沢ジャズストリートに出演。

2013年9月19日  THE GATE, JAPAN TOUR 2011~2012』を発表。

 

 

ホームページ

www.eishinnose.com

 

ブログ

http://blog.livedoor.jp/acnose/

http://www.monoglobe.jp/podcasting/eishinnose_new_york_rhapsody.html

 

音源

http://www.youtube.com/user/eishinmusic

https://soundcloud.com/eishin-nose

 

 

批評

http://www.jazztokyo.com/five/five761.html (悠雅彦氏)

http://www.jazzpage.net/rireki/cd/nose_gate.html (Jazz Page)

 

 

コメントを残す