内山覚(g)とその父の名言


福岡に来てます。
内山覚(g)ツアーがスタートしました。
昨日のライブ偉い盛り上がりました。
今日も満席に近いそうです。

内山覚さんのニューヨークで録音した
ニューアルバムが4/25に発売されました。

全国CDショップでは
『NEO』melodies in the key of creationか
SABR-1003で注文できます。
もしくは、マスターピース・ミュージックまで。
http://www.masterpiecemusic.jp/artistinfo/uchiyama/

ところで、、
その内山さんですがお父様はクラシックの作曲家です。
昨日いろいろ話す機会がありました。

オケのライティングの事をいろいろ質問したのですが。

簡単なのから始めてとにかく書いてみたらいいよ、
という感じでいろいろアドバイスを頂きましたが
さらっとこのような事を言われたのが印象的でした。

『擦るか、吹くか、叩くしかないんだから』

擦る=弦楽器
吹く=管楽器
叩く=打楽器

凄い名言かも。
そんな事言われるとなんか書ける気がしてくる。
え〜しんふぉに〜が完成する日も近い!?

その事を内山さん(g)と

じゃあ、ギターってどれに所属するか?
という議論をしたのですが、
擦るのも、叩くのもいまいち半端な感じ?
あ!だからオケにはギターが入らないんだ!
という結論に達しました(笑)

なにはともあれ
ニューアルバム発売おめでとうございます!

内山覚NEW ALBUM詳細です。

『NEO』melodies in the key of creation

1.Blues for H.K.  (Satoru Uchiyama)
2.Get the Funk at Freak Free
 (Satoru Uchiyama / Arranged by Eishin Nose)
3.NEO  (Satoru Uchiyama)
4.1966 – Summer  (Satoru Uchiyama)
5.Norwegian Wood [for Shin]  (Lennon / McCartney)
6.Do You Know What It Means to Miss New Orleans?
 (Louis Alter / Eddie DeLange)
7.マルコとジーナのテーマ Maruko to Gina no Te-ma
 (Joe Hisaishi)
8.Jump House  (Satoru Uchiyama / Arranged by Eishin Nose)
9.三日月と少年 Mikazuki to Shounen  (avan)
10.Waiting  (Eishin Nose)

Members:

内山 覚 (g)  [Satoru Uchiyama]
野瀬 栄進 (p)  [Eishin Nose]
James Cammack (b)
武石 聡 (d)  [Satoshi Takeishi]

*Guest Players: 

中村 健吾 (b)  [Kengo Nakamura] 
Appears courtesy of Fifty Five Records
Eliot Zigmund (d)

Recorded on January 2nd & 3rd, 2012
Produced by Eishin Nose
Co-produced by Satoru Uchiyama
Recorded at Systems Two Recording Studio (Brooklyn, NY)

Recording Engineer:  Rich Lamb
Mastering Engineer:  Eiitirou Komiyama (CMS)

Photography by Taishin Korekawa / Yoshi
Design by Tetsu Imamura

内山 覚
H.P    http://web.mac.com/satoru629mao/

コメントを残す