カラスはしゃべる。そして、仲間と何か始める!


小寺卓矢さんの作品「森のいのち」「だって、春だもん」

air-g’パーソナリティーで喋るように描くをモットーに書道もやってるカラスです。

昨日はよほど体に力が入った応援をしていたのでしょうね。

今朝、全身がすごい筋肉痛。参った。

さて、先程、とっても嬉しい事が実現出来そうな連絡がつきました。

急なお話ですが5月22日(日)を空けておいてね。

友人のカメラマンで写真絵本作家の小寺卓矢さんを誘って、

彼の作品のスライドショウや読み語りをしようと計画しています。

芽室にお住まいの小寺さんですが、今日、連絡を取った時にはフェリーに乗り込んだ処でした。

本州に用事があった帰りに東北に寄って復興のお手伝いをしての帰路でした。

昨年、番組でもその活動を追った、北海道を走りながらカンボジアに井戸を掘るための募金活動をしていた奥芝さんが、

震災直後から被災地に向かって復興のお手伝いをしていたりとか、頭の下がる活動をされている方が周りには沢山いらっしゃいます。

ですから、少しでいいから、私が感じる復興のお手伝いにもなればいいかなあ。

と、言うようなゆる〜い感じではありますが、そんな集いにしようと思っています。

GW明けに色々と決めて行きますので、また、よろしくね。

そんなGWは明日、明後日と稚内へとふらり旅します。

なので、ブログは明日は休みますね。

「では、では、いってきま〜す。」

 

コメントを残す