カラスはしゃべる。そして、書き初めた!!


みんなが躊躇してる中、トップに描いた女性の作品。 子供はのびのび自由に。 子供が描くウサギ年。 高校生男子の「情熱」と小学生男子の「根性」 ロンドンからお越しのトムさんはナント薔薇と描きました。   みんなが躊躇してる中、トップに描いた女性の作品。   年配?女性の「初ゆめ」 小学生女子の「笑福」 素晴らしい力作がいっぱいでした!!

air−g’パーソナリティーでしゃべるように描く書道をみんなにススメル、カラスです。

さて、去る1月16日こちらでもお知らせしていた

『大書き初め大会』を大盛況で終える事が出来ました!!

100名近くの方にお友達や家族といらして頂いて、

思い思いに大きな紙と筆に悪戦苦闘しながらも、描きましたよ〜〜〜。

文字が書けない小さいお子さんは絵を描いたり、

まだまだ体の小さい小学生も巨大筆で頑張って描きました。

たまたまロンドンから遊びにいらしてたイギリスからの男性や、

年齢も国籍も多彩に集合し心から楽しいひと時でした。

約、1年前、お知り合いの保育園園長さん富岡さんの絶大なるご協力のもと、

始めた「子供書道教室」

私が子供達に本格的に関わる事になったらやりたいと思っていた事の一つに、

この、書き初め大会がありました。

子供だからとか大人だからとか関係なく、それぞれの力量なども関係なく、

「やってみたい!!」の気持ちがあれば、

書道家のパフォーマンスのように描いてみればいいじゃん!!

やれない事はない!!

って思ってた通り自分の顔くらいの大きな筆を持っても臆する事なく、

子供が描いてる!!

感動です。そして、凄い作品がどんどん生まれているの。

でも、大人も子供もみんな描き始めるまでは心臓がドキドキしたんだって。

なんだか、ますます、もっと、もっと、多くの人達と書を通して交流したい!!

と希望が湧いて来ました。

さらに、この活動から生まれた一つの才能との出会いを発表する場を、

今年中に持ちたいと、計画中です。

まあ。なかなか順調には事は運ばないのですが.....。

そのお話は、また、いずれ....。

コメントを残す