カラスはしゃべる。そして、マイケルケンナを描く。


01

air-g’のパーソナリティーで琴線に触れたものを書にしたためるカラスです。

 

さて、そんな私が、4月28日に、こんなワークショッツプを。
『マイケルケンナを描く』
現在、開催中のマイケルケンナの作品展を観た後に、
その想いを書にしてみましょう。
って言うワークショップです。
講師はもちろん私よ!
海外の美術館では、良く、作品を観ながら模写したりとかしているでしょう。
そんな雰囲気で、作品を楽しみながら書道をする事を提案していたら、実現しました。
特にこのケンナのモノクロの北海道の景色は、
水墨画のようにも観えて、書の世界とマッチすると思うのよ。
どうぞ、お時間のある方は参加してくださいね。
4月28日(水)
午前11時からと午後2時からの2回
参加費は500円の材料費と、当日の入場料500円が必要です。
場所 札幌宮の森美術館(中央区宮の森2条1丁目2−8)
電話 011 612 3562へお申し込みを。
 
http://www.miyanomori-art.jp/ 宮の森美術館

 

 

コメントを残す