カラスはしゃべる。そして、それぞれのスタイルで描きました!


顔つきまで真面目になる少年。一画、多いのは子の子らしさ? 慎重なお姉ちゃん。大胆な妹。文字は語る。 ハイ!ものすごく素敵な愛のこもった命名です。 みんなに笑顔をおすそわけ〜〜〜。

air-g’パーソナリティーでしゃべるように書道するカラスです。

「大書き初め大会」終了後、初の子供書道教室が、昨日、開かれた。

そこで、変化が....。

まず、今まで、描いている間中、ず−−と、唄って、踊っている少年。

(だから、個性的ではあるが、真面目な文字とは言えないものばかり描いていたのが....。)

あの大きな紙に立ち向かう書き初めをした事で、ものすごい達成感と満足感と向上心に燃え、昨日、教室に入って来た顔が違ってて、唄う事も踊る事もなく、書道と向き合い『ちゃんとした文字』を描いたのだ!

私はほとんど書き方を教えてはいない。なのに、自分で考えて描いているのだから、ホントに子供は凄い。

 

次に、書き初め大会の間中、ただの傍観者だった女の子。最後の最後に「私も描いてもいいのかな?」と呟いた。

会場となった北の星東札幌保育園の卒園児(現在、1年生)で、通園していた時から、とても、消極的な子で、周りが進める事など、まず、する事はなく、自ら「やってもいいかな?」と言う事は無かったのだと。その子が、初めて挑んだ書道が、大書き初めなんだから....。でも、描ききった!

その感触が忘れられなかったのか、昨日、妹さんとやってきた。

積極的な妹に比べ、ゆっくりペースではあるが、描いている。楽しそうにいっぱい描いた。清書する和紙も最後に押すデザイン篆刻もすべて自分で選んで決めていくのが、カラス流教室。慎重だけれども、全部、自分で決めた。

そして、「次回も絶対、来たい!」も自分で決めた。

書き初めには来られなかったけど、昨日、初めて教室に来た有梨ちゃん。

ダウン症の女の子だ。最初は緊張の顔だったけれど、どんどん、どんどん描いているうちに、満面の笑みが!!天使のようだった。有梨ちゃんは「梨」は難しすぎたので、「有り」と自分の名前を描いた。この子には、希望の光がいっぱい「有り!!」と思えてならなかった。

最後は、ハイハイが始まったばかりのお子さんのお母さん。「私、この子の命名・書をまだ描いてないのよ」と言いながら見学してたから、この機会に書いていけば?と提案し、お母さん、ガンバル!!

「ののは」ちゃんの命名・書をちゃっかり和紙に描いていきましたよ。

それぞれのスタイルで、それぞれに楽しく書を生活に取り入れてくれればそれでいい。と、私は思ってます。

そんな教室・来月の「子供教室」の日程が出てますので、お知らせです。

親子参加ももちろんOKよ。

 

 

cafe’喜庵(西区発寒31028)

 cafe’喜庵子供教室 毎月第3土曜10 2/18

『子供教室』

 

 北の星東札幌保育園 2/18

(札幌市白石区東札幌26丁目1022

午後2時から5時の間でお好きな時間

川沿保育園 2/25

(札幌市南区川沿11丁目)

午後2時から午後5時までお好きな時間

救世軍桑園保育所 2/4

(札幌市中央区北5条西14丁目129

午後2時から5時の間でお好きな時間

風の子保育園 2/4

(札幌市北区百合が原4丁目831

午前10時から正午の間でお好きな時間

くまの子保育園 2/25

(札幌市南沢23丁目71

午前10時から正午までの間でお好きな時間

レッスン料金 11000円(café’

café’の場合は別途、ご自分の飲食代金を各自お支払いください。

子供教室(保育園)は紙代など込みで、11300円。

 

ぜひ、あなたもお仲間になってね。

お申し込み、お問い合わせは

karasusyo@yahoo.co.jp へ。

 

 

 

コメントを残す