カラスはしゃべる。そして、caravanの新作を聴いている。


DSCN0587

air-g’パーソナリティーでしゃべるように書道するカラスです。

R-50の番組ディレクターからも、音楽を聴き続けなきゃダメだよ。音楽に希望を持ち続けていてよ。

と、言われている昨今の私。

懐かしめのJ-POPの番組を担当しているから最新を聴こうとしない。と、言う訳でもないのだが..。

音楽に希望を無くした訳でもないけど...。

無理して、何か聴きたいものはないか?と探す事をやめてみた。

たまたま飛び込んできたもので、あれ?!って感じたものは、巡り会えたって事で、ココロの趣くまま聴く事をしばらくはやっていたい事は確か。

そんな中、caravanの新作は心待ちにしていたalbumです。『黄金の道 soundtracks』

あの日夢見ていた銀河鉄道は迎えには来なかったけれど、いつだって自由で気持ちいいくらい孤独な感覚を手にした。

旅で出会ったサーファーは「ここにはなんでもある。海も山も仲間も美味しいワインも。ここに生まれたのは神のギフトなんだ」と言う。

求めると同時に、自分に必要な量を知りシンプルに生きる。

そろそろ僕も僕の場所へ帰ろう。

そんなロードムービーを「本当さ明日が変る」とやさしくささやくように届けてくれるalbumです。

聴き終えてcaravanが今、創りたい事をやりたいようにやらせてくれた関係者のみなさまに感謝したい気持ちになりました。

メジャーのレコード会社がこれをやらせてくれた!音楽業界にも希望を見出せる気がします。

ミリオンのセールスをあげるalbumはミリオンに到達する仕掛けにやっきになるけれど、それとはまったく違う世界もある事は嬉しいし聴き逃さないようにする為にもちゃんと聴き続けなければねっ。

札幌は初雪が..。降りました。とでも、伝えてみようか,,caravanにも。

 

コメントを残す