カラスはしゃべる。そして、河口湖から帰って、早、4日。


DSCN0490

air-g’パーソナリティーでしゃべるように書道するカラスです。

渡辺美里さんの河口湖ステラプレスでの「美里祭り」2日目、今年の美里祭りの締めくくりを観せていただきました。

ライブの最後に本人が「納得した!」と発しました。

こんな言葉は美里さんには珍しいなあ。よほどの充実感なんだろうなあ。と、感じましたが、

実は、彼女がそう発する前に「これは、かなり納得いくステージだ!」と、私も思いましたから。って、終了後、美里さんに伝えると、

「やっぱり!カラスさんもそう感じた?正直、なが〜く唄っているけど、心底、そう、思える事ってそうそうないの。今日は、ソレだったので、観てもらえてホント、良かった!」

と、おっしゃるほどの充実ぶりでした。

当日の朝、札幌を経ち、ライブ終了後には、即、東京へと言うスケジュールで河口湖への滞在時間は、ほぼ、ライブ時間のみ。でしたが、さすがに富士山の麓。何かが違う。漲るものが違う気がしました。

河口湖駅のトイレに入って、手を洗う時の水の冷たさ!!

本物のエネルギーを持つ水って感じで。

やっぱり、富士は日本一の山です!!

当初、東京からは高速バスで向かう予定が渋滞の情報を聴き、列車に変更。

そうなると、河口湖までの道中の駅や町並みも初体験で、北海道には無い列車も満載で、やはり、母としては鉄オタの息子の為に写真をお土産にと思い、撮りまくった訳です。

...が..。ライブが終わり、帰りの列車内を納めた時、操作ミスで、全削除してしまい、美里さんの特別列車や、会場の雰囲気の写真までもが....。

ぜ〜〜〜んぶ削除(撃沈)

なので、乗り継ぎ駅のおおまかな地図に載っていた「河口湖」の文字だけ、帰りのホームで撮りましたので・・・・・。

ライブの記録らしきものは、コレだけです。あ〜あ。今、思い出すだけでもヘコムよ。

 

ライブに向かう途中で、友人からメールが。

「caravan専用の畑のとうもろこし収穫できま−す」との事。

早速、転送。とうきびに関しては、やはり即、返信がくる。世界一、好きな食べ物がとうもろこしのcaravanだ。(あたしも、同じです)

受け取れる日の返信があり、朝もぎで畑から即、クロネコさんへの準備を友人にお願いして、台風が来る前に収穫し何とか本人の元に届けられました。

午前に届いた筈だが、お昼には「茹でて食べてます。最高においしい」と、返信有り。

律儀なとうきび好きに来年も実り多き日々を念じて、とうきび畑を耕しましょう。

って、私は何もしてないので、心優しいお友達に感謝です。

今日は残暑の厳しい札幌だけど、確実に空も味覚も秋が近づいています。

9月です!

コメントを残す