カラスはしゃべる。そして、旅から帰る。


こんなに近寄っても逃げない鹿。この他にも何頭もいました。

air-g’パーソナリティーでしゃべるように書道するカラスです。

暑い日々が続きます。北海道だと言うのに暑い!!

知床方面を旅してきましたが、どこに行っても暑かったのですが...。

2日目に宿泊した釧路の朝は涼しかった。さすが?!釧路。

特に計画も立てず旅しているので、知床五湖を歩く気もなく。

遊覧船観光をするかも知れない。と、思ってはいたが...。

霧が濃くて運行していない時間だったので、止めて....。

なんとなく知床を感じて、野付半島へ。

トドワラは、30分ほど歩いたところ?

歩くの止めよう。って事で、なんとなく感じて。

食事もふら〜りと町の中の地元チックなところに入るが....。

ハズレ感が強く。とは、言え、我が家の旅はいつもこんな感じなので、まあいいや。って事で。

趣のある温泉にも入る予定でしたが、休業中とか電話が使われていませんコールとか...。

全部、ふられて温泉もナシ!

どうして下調べしたりしないのか?私達。(汗)

でも、帰路の途中、寄り道して池田へ。

大ファンって事でもないけど、案外、スキだからドリカム博物館にも寄って、

ワイン城にも寄ったよ。

そして、ほとんどの時間は車中。と言う旅を終えて帰って来ました。

でも、さすが世界遺産。駐車場の車のナンバーは全国からの地名がズラリ!!

知床を満喫するには自然体験が一番らしいので、

私達みたいなダラ〜とした旅はみなさんしないのだろうなあ。

途中、もちろん、北キツネ、そして鹿にも遭遇する訳で...。

北海道では、当たり前の風景。

鹿は普通に国道沿いで笹を食べてて、観光客が群がってカメラを向けても、

逃げる事もなく、むしろポーズをとっているかのよう。

キツネは私達の車についてくる。

「アレ?あなた達は何もくれないのね?」って言う表情。

餌付けはしないように!と注意されても、し続けた人間達がこうしてしまったんだね。

人も野生動物も自力で生きていく事が必要なのに...。

甘えるなよ!自分。と自己反省もしてみたり...。

なんだかんだウダウダしていて、やる気のないいつも通りの旅ではありましたが、知床連山を見渡した時には、自然の懐の大きさをさすがに感じましたよ。

この深〜い感じがするって言うのが、世界遺産なる所以なんでしょうね。

な〜んて、たった2時間ほどの知床体験でした。(笑)

さて、明日も暑いのかなあ?

明日はライジングです!!

 

コメントを残す