カラスはしゃべる。GLAYと久々のおしゃべり。


IMG_2044

AIR-G’パーソナリティーで書を描いたり、保育士助手もしてたりします。

昨日までの二日間札幌でライブだったGLAYのメンバーが今日はAIR-G’でのキャンペーン。。

分刻みで、メンバーがそれぞれに分かれて色々な番組のインタビューを受ける中、少しの時間でも出演しよう。と、私の番組「R-50サウンドグラフィティ」にはJIROさんとHISASHIさんが顔を出してくれました。

番組タイトルからも分かるようにR-50世代にはまだまだほど遠い彼らなのに、そんなの関係ない。と、言った感じで、顔を出してくれる。本当に嬉しい心使いだ。

私がスタジオに着いた時、TAKUROさんは北川くにちゃんの番組のインタビューを受けていたけど、スタッフさんが、「時間が無いから、これを逃したら、またしばらく会えないと思うから、TAKUROに会っていってよ」のお言葉に甘えてご対面。インタビュー終わりで、廊下で立ち話。

「カラスさん、いつライブ観に来てたの?」

「二日目、昨日だよ」

「そうか、JIROが、カラスさん、いつ観たかなあ?昨日ならいいなあ。って言ってたんだ。良かったよ」

「本当に良かったよ。ライブのMCでも、珍しくJIROくんが、今日、ある瞬間、初めて、みんなを函館に連れて行くんだ!と言う気持ちになった。なんて、熱い発言していたので、余程の手応えのあったライブなんだなあって思ってたんだ。実際、いい内容だったよ。」

「最後のエンドロールに流れた曲、歌詞を必死にメモったら、今日、音と歌詞が届いてて、なに〜!!って感じだったよ〜」

「いや。カラスさん。やっぱり、書いて欲しいのさ。書くと違って感じられるでしょう」

って、話した所で時間切れ〜。TAKUROさんは、次が私の番組の出演だと思っていたようだけど、別スケジュールが入ってて、今回、話せたのはこれだけだったの。

その、例のエンディングロールの曲は「Eternally」5月8日から先行配信される新曲です。そして、この夏、彼らのふるさと函館で行われる野外イベントライブのテーマソングなんです!!

特別にAIR-G’では、曲をかけさせてもらっています!!

また、この時に見学した北川久仁子さんとのインタビューで、なぜ、今、GLAYは函館の地に立つのか!!の話も涙がでちゃったよ。ここで、書く訳にはいかないので、番組『brilliant days』月~木曜 8:30-11:00を聴いて下さいね。来週、連日、メンバーが一人づつ出演するらしいですよ。

そんなこんなで、私の番組のインタビューに空いた時間は5分???って、そんな状態の中、JIROくんもHISASHIさんも、協力してくれてパッパと収録を終え(って言っても、5分以上のおしゃべりになってます)生番組のスタジオへ急いで直行ですよ。

ここまで、まだ、TERUさんの顔すら見かけない程の過密ぶり。

生放送のスタジオに向かう途中のTERUさんが満面の笑顔でこちらに向かって来てくれて、握手!!でも、もう、すぐ生放送の時間だぜ。で、その曇りの無い笑顔から充実ぶりが伺えて、とりあえずそれで良かった。と、言った感じの数時間のAIR-G’滞在でした。

次は7月27日、28日の函館・緑の島での『GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.1』で会えるかなあ?だいたい、チケット取れるのか?ガンバロー

願いはまず口に出さなければ叶わない。

だから、7月27日から28日は「朝までGLAYを函館からやりたい!!」と小さく声をあげてはみたが,,,?果たして・・?

まぼろしの「函館愚麗」Tシャツを筆文字で再現か?手ぬぐい作りたい....。とかも思っているが声にも出せていない....。

さらに、「Eternelly」の歌詞を書で書きてえ〜。そして、その文字スクリーンに映してみんなで唄いたい。など、心の中でしか呟いていない。

とにかく、夏に向かって静かに一人で描き始めよう。

「R-50サウンドグラフィティ」GLAYインタビューのON-AIRは4月13日です。慌ただしくも充実の?会話をぜひ、聴いてね。

 

 

コメントを残す