カラスはしゃべる。そして、caravanや美里さんについて。


美里さんの記念の朝顔の種を戴いて、今年も芽が出て来ました!

air-g’パーソナリティーでしゃべるように書道をするカラスです。

少しさぼっていましたが、普通の事を普通にしながら過ごしていました。

そんな日々の中、昨日は東京の日比谷野音で大好きなミュージシャンcaravanのライブでした。

エネルギーの事とか考えてキャンドルを灯しての節電ライブと聴いていましたが、

会場に行った友人からは、ライブ終了後、興奮の中

「キャンドルの光の中に浮かび上がったcaravanはまるでキリスト様のようでした」

と夜のふか〜い時間にメールが届きました。

残念ながら私は東京までは行けませんでしたが、想像出来ます。

雨男の彼のライブは大雨が常ですが、何とかお天気も保ったみたいで、良かった。

次は北海道でのライジングサンロックフェスティバルとジョインアライブへの出演。

この夏がグ〜ンと楽しみです。

そして、マリア様のような包容力溢れる渡辺美里さんから新作の音が届きました。

新曲が彼女の誕生日の7月12日リリースになります。

『セレンディピティー』

ふとした偶然をきっかけに閃きを得て幸運をつかみ取る能力の事をこう言うらしい。

何かを探してそれを発見する人は結構いるけど。

そこから、また違う価値や幸せへと閃き発展させる人は少ないかも....。

その差って何かな?と思ったんだけど...。

自分の心との向き合い方がいかにピュアであるか否かってことなのかも知れない。

なんて、思ったりして....。

「少しづつ歩き出そう」って言う歌声とサウンドの優しさは、今、みんなが待ってた音楽なのかも。

って言う曲です。

美里さん、また、良い仕事してます。

リリースをお楽しみに。

コメントを残す