木の芽どき展~草木にまつわる作品展示会


4月27日(土)から5月2日(木)まで 

札幌市中央区南3条西26丁目 もみの木SO 1階 にて (11時~16時頃)

素敵な作品展が開催されます。

その名も「木の芽どき展」

この3月から4月にかけての時期を昔から「木の芽どき」と呼ぶのだそうですが、この時期は気温の寒暖差も激しく、体調や精神を崩しやすいことから主に「木の芽どきは気をつけろ」などというふうに使う言葉らしいです。

春になったら不思議~・・・な方を見かけたりすることってありますよね。そんなときも「木の芽どきだからね~」などと使うこともあるそうです。 先日私も、とあるスーパー内でサザエの十勝おはぎの店の店員に掃除機のヘッドを右手に持ったおじさんが話しかけているのをみかけました。 困り顔の店員さん、ああ木の芽どきだからなあ~と早速「木の芽どき」を使ってみました。 

そんなわけで、いろいろと不安定になりがちな木の芽どきですが、普段から明るく楽しく過ごしていればそういった体調や精神のブレは新しい変化の兆し、自然の流れに合わせてゆけばいろんなことが始まってよりよい方向へ進んでゆけるときでもあります。

そこで自然好き草木好き雑草好きの作家が集結!素敵な展覧会になりそうです。

春のヘンテコぬいぐるみや豆本に動植物ブローチ、雑草ファブリックにヒバ図柄の紅型染めもの、銅のカラトリーなどなど。 

27 29 30日は限定で こだわりの手作り天然酵母パンを作る高田真衣さんがハーブと桜のパンを持って参加してくれます。

また会場では雑草クッキー雑草茶、苗や種の販売などもあり。

なんて楽しみなんでしょう。是非皆さん春の円山に花見がてら「木の芽どき展」にも足を運んでくださいませ。