椎茸その後


 

皆さんもおそらく気になっていたことでしょう。そう、その後のウチの椎茸の生育状況です。

 

…あれから、札幌ではそれはそれは過ごしやすい秋の日が続いていましたね。例年ならもうひと雨ごとにぐんぐん寒さが増して平地でも初雪の便りが届く頃だというのに。 からりとした晴れ続き…。

そう、はじめはどんどん出て来て一日ごとにぐんぐん大きくなってきていた椎茸たちの活動が、どうにも静かです。 新しいのは今のところ出て来ないし、ちょっと出て来たヤツは大きくなるのをやめてそのまま干し椎茸になる気か?という感じです。

椎茸屋のおじさんの助言どおりにしていたのに、オヤジ!話しが違うじゃないか!と思っちゃいましたが、そういえばあのおじさん、「どんどんオガルよ〜 …うまくすればね(ニヤリ)」といっていたっけ。

うまくすれば(ニヤリ) うまくすれば(ニヤリ)なんですよ、つまり裏をかえせば、うまくしないと出ないよ〜の(ニヤリ)だったのかもしれないと、こうなってみてあの(ニヤリ)の意味を噛みしめている私です。

おじさんのせいにするつもりはありません。大人ですから。 水分が足りないだけかもしれないし、場所をかえてみるとかなんとか、ここからの椎茸と己との対話によって真の椎茸栽培の道がはじまるはずです。ローマは一日にして成らず。学問に王道なし。千里の道も一歩から。損して得とれ。

というわけで、今日は秋の素敵な雑草の写真でお茶をにごしてみました。

 zassou 042