椎茸はじめました。


秋といえば収穫の秋です。私は最近とある朝市で椎茸の原木を購入!そう、憧れの椎茸栽培はじめました。

moyashi 188

栽培とはいえもうすでに植え付けられて菌がまわった原木を購入しただけですから、あとは椎茸屋のオジサンにいわれたとおり、雨のかからない西日の当たらない場所に置いておけば椎茸があとからあとからどんどん出てくるという寸法です。

ウチの玄関脇にちょうどよい場所があったのでそこに置いて、西日は当たらないかもしれないけど二階に住んでいるおじさんに見つかったら羨ましがられそうなので除雪用のスコップをカモフラージュにかぶせておきました。

数日後、でるわでるわ。あとからあとから椎茸が日々大きくなってゆきます。

最初に大きくなったものをひとついただきました。いやこの椎茸の美味しいこと!市販のものとは比べ物にならない風味と食感。素晴らしいの一言です。

毎日でも食べたい椎茸ですが、なんせ毎日少しずつ大きくなるものだから、明日まで待てばまた少し大きくなるかな? なんて欲を出してしまい、朝晩椎茸の大きさをチェックしつつ採り時を見極めるのが難しいです。今まで欲を出しすぎて成功した例をあまりみたことがありませんからね。大きくなるのを待ち過ぎで結局美味しく食べられなくなったなんてことにならないように気をつけなければなりません。

 

大学時代、美術科の貧乏学生達は食事も研究室で自炊することが多かったのですが、N君はよく丸美屋の麻婆豆腐のモトで麻婆豆腐を作っていました。でも、ちょっとでも多く食べたいN君はついつい分量より多めの水を入れてしまい、ちょうどいいとろみを通り越してシャブシャブになってしまった薄味の麻婆豆腐を食べていたっけ。量は増えたかもしれないけれどそれって美味しいの?って聞けなかったけれど、N君の麻婆豆腐のおかげで、つまらない欲を出したらモトもコもなくなることってあるんだなって心にガッチリ刻んだ私でした。

そんなわけで、しばらくは素晴らしき椎茸ライフを楽しめそうな幸せな今年の秋なのでした。

写真はゲストのロックもやしさんと我が家の椎茸。大きさが全く伝わらなくてごめんなさい!)