うらうすの夢


やっぱりね、家に米が十分あるって、とても安心感がありますね。

あの、米びつの底が見えたときの寂しさ・・・そして米を減らしたくないばっかりに麺類に手をだして、ま、麺も大好きなんですけれども、麺類って不思議なもので、食べ始めると何だか食べ続けてしまうものなのです。そしてひとしきり麺を食べても結局、あああ米が食べたい!と身体が要求する。米はホームのような存在です。

今年も嬉しい新米の季節に、もう一つ嬉しいことが。

お米のパッケージデザインをさせていただきました。

monoglobeの企画でAIR-Gパーソナリティのかきざきさとちゃんが田植え(機械)をして収穫(機械)したお米

「うらうすの夢」絶賛販売中です!

浦臼町のお米のファーム石橋さんの絶大な協力のもと出来上がった夢いっぱいおいしさいっぱいのお米。

「うらうすの夢」どうぞよろしくお願いいたします!

お米デザイン1