止まらない


  いやーそれにしても肌が荒れています。これは日焼けしたせいなのか、鼻のかみすぎで荒れたのかがわからない。だいたいその鼻水が出るのが季節の変わり目の温度差で風邪でもひいたからなのか、花粉か何かのアレルギー系のせいなのかもわからない。

だけどわかったからといって鼻水が止まるわけではない。結局鼻をかまなきゃならない。だったら荒れないよう「鼻セレブ」でも使えばいいのかもしれないけれど、あんな高いティッシュ自分で買ってまで使ったりしないし(もらいもので使ったことがあるけれどすばらしい肌触りでした。)つまりは肌は荒れる運命ってことになってしまいます。

もう一つの肌荒れの大きな要因と思われる日焼けだけれど、大抵の日やけ止めが肌に合わないし、もともと顔にいろいろ塗るのがきらい。できるのは帽子とサングラス(色が入っていないタイプ)で物理的に紫外線をさえぎることくらい。

この前、円山動物園であったEarthDayのイベントでガールスカウトのみなさんが販売していた「紫外線がチェックできるストラップ」というのを思わず買ってしまいました。紫外線が当たると色が変わるビーズがついたストラップでお値段なんと100円と150円。私は150円の方を購入し、いつも自転車に乗る時にしょっているリュックにつけました。陽射しがまぶしくて思い出した時にふと見ると色が変わっている。確かに紫外線が降り注いでいるらしいということが一目瞭然わかります。

だけどわかったところで紫外線が止まるわけではない。なんらかの紫外線対策を実行しないかぎり、やっぱり肌が荒れる運命を変えることはできません。

つまり何がいいたいかって、原因がわかりさえすればそれを止められる、みたいな気持ちになってしまったいたなー、と。そこで何も実行しないなら原因がわかったところで全く何の意味もないばかりか、逆に虚しさ倍増です。

わからなかったからできなかった と わかってたけれどできなかった 

ま、どちらにしても、こうしてアレコレ書きながら できなかったこと にひたっている場合ではないことだけは確かだな、と荒れた肌をいたわりつつ、そろそろ家に帰ろうかなと思っているところでした。

帰ったら顔にキュウリの輪切りでも貼ろうかな。