ぎんなんボーイズ再び


前回のブログに載せましたぎんなんボーイズの写真がとってもかわいい!と巷ではにわかに人気沸騰、一部ではすでに静かなブームに?!との情報を耳にしたので、ちょうしこいてもう一枚のせちゃいます。

ginnan 112

実はスリーピースのユニットなのでした。ぎんなんボーイズの活動の詳細は今のところ一切謎に包まれております。ロックもやし以上に謎です。

ところが噂によると同じ名前の実在するバンドがあるとお友達から聞きました。そんなこととはつゆ知らず思わず同じ名前で呼んでしまいましたが、そちらのぎんなんボーイズで検索してこのブログにきてしまわれた方、紛らわしくてすみませんでした。これも何かのご縁ですからついでにブックマークに追加しておいてください。

その実在のぎんなんボーイズ、どんな方々か私も正直存じ上げません。ただ唯一の情報としては、ゆらゆら帝国ファンのお友達が「最後まで聴いていられなかった。」とのこと。

ゆら帝ですらちょっと….という気持ちになってくることがあるというのに、そのファンと自称する人でさえ聴いていられないほどの音楽とはいかばかりかと思うと、これ以上ぎんなんボーイズについて介入する勇気がありません。観念による判断をして申し訳ありませんが。

なんで銀杏なのかなあ。銀杏好きなのかなあ。すごく気になるけれど、やっぱり今は勇気が無いのです。