おやつのはなし。


 私は食生活が菜食で、もう何年も肉も魚も食べない生活をしています。慣れちゃったのでこの生活で困るようなことも特にないですが、コンビニで売っているお菓子の中で食べられるものの選択肢はかなり少ないですね。

moyashi 046

肉や魚のエキスと卵、そして何からできているものなのかがあやしい「アミノ酸等」「マーガリン」「ショートニング」が入ってるものを避けて選ぶのですが、そうするとコンビニのお菓子類はほとんどが全滅です。

でもだからこそできるのが、その狭いストライクゾーンでありながら美味しいお菓子を見つけるのを楽しむ、ということ。そうすると意外に以前だったら目もくれないようなお菓子でおいしいものを見つけることができたりします。

で、最近お気に入りなのがこの「トヨイチのボンゴ豆」。どうですかこのレトロなジャケ。このお菓子、美味しいだけじゃなく謎がいっぱいなのです。謎のあるのは物でも人でもついついひきつけられる私です。

ピーナッツに醤油味の薄くカリっとした衣がついていて唐辛子のピリッとした風味がアクセントになっている豆菓子なのですが、裏にある紹介文に「私の生まれはアフリカです。」とあります。この醤油味のどこがアフリカ生まれなのか全くピンときません。でも表にも「本場アフリカの味」とアフリカ大陸のイラストまで入っています。そしてその下には黒いロックもやしみたいなキャラが楽しそうに太鼓(もちろんボンゴですね)を叩いています。よく見るとジャケはアフリカ色でいっぱいなのです。なのに思いっきり醤油味。謎です。

このボンゴ豆にそっくりなお菓子で「ホンコン豆」っていうのを見たことがあります。どっちがどっちの類似品なのかわかりませんが、微妙な線をついてきますね。アフリカとホンコンでは全然違う、ボンゴとホンコンも全然違う、でも似てる。

続けて紹介文に「パパの酒・洋酒・ビールのおともに」とあります。パパの酒ってなんでしょう。決めないでくれる?「ハイキング・ピクニック・行楽に」とまたボーダーラインが微妙な三種をもってきますね。ハイキングもピクニックも行楽じゃないのか?!どこまでがピクニックでどこからがハイキングだ?!どうでもいいことが気になってしまう一文です。

もうひとつの謎が「トヨイチのボンゴ豆」の「トヨイチ」が全く何なのかがわからないのです。製造が「豊一製菓」とかなのかなって思ったら「丸賢加藤製菓株式会社」とあります。カスリもしない名前です。トヨイチってなんですかー誰ですかー。なんの説明もないのにこんなに大きく書いているのは何故ですかー?

というわけで、謎がいっぱいで美味しい「トヨイチのボンゴ豆」この手の味にはたいてい「アミノ酸等」を入れてしまいがちなのに入っていない「トヨイチのボンゴ豆」(ちなみにホンコン豆には入っています。)セーコーマートで売っている「トヨイチのボンゴ豆」皆さんも是非一度食べてみてください。