ロックもやしのお友達。


ロックもやしさんがいくら孤高の魂をもっているからといって、お友達がいないというわけではありません。むしろ逆に、その奥深さゆえどんな人でも分別することなく受け入れる博愛の精神に満ちているといっていいでしょう。

 

今日もちょうどロックもやしさんの仕事場であるスタジオにお友達が訪ねていらっしゃっておりました。

 

 

033

どうも日本の方ではなさそう。 年齢性別はおろか種族の系統すら不明でな感じのお友達です。

 

ロックもやしさんはもちろんいつもの笑顔。

お二人の間には一体どんな会話が繰り広げられているのでしょうか。またこのお二人に如何なる共通点があってのお友達なのでしょうか。

いろいろ尋ねてみたかったけれど、何語で切り出したらよいのかすらわからないまま、何故だか少し怖くなって今日は早々においとまいたしました。

 

コメントは停止中です。