ロックもやし『あっ!ロックもやしが帰って来た?!』


おそらくロックもやしさんの手による見事な書。

雪に埋もれていたロックもやしさんのスタジオの前に、見覚えのある足跡が!もしや…もやし…ロックもやしさんが帰って来た?!

期待に胸ふくらませてドアを開けると….誰もいません。。が、かわりに見事な書が掲げられておりました。

これはまさしく!!でも本人がいないのです。待てど暮らせど現れません。

鍵開けっ放しですけれど盗られるものもなさそうなので、今日のところはそのままおいとましてきました。

遅かれ早かれ彼に会えるのは時間の問題でしょう。それにしても本当に最後まで気をもたせてくれるお方です。

ああ寒い。

 

コメントを残す