ロックもやし「思索するロックもやし」


ロックもやしさんの周りにはなにやら荘厳な空気が流れていました。

おっと、ロックもやしさんが物思いに耽っております。ちょっと声をかけがたい雰囲気がただよっていますが、やはり次の曲作りのことを考えているのでしょう。きっとそうでしょう。あのロックもやしさんですもの。

夕飯のこんだて何にしよう〜とかではないはず。と、思いたい。

コメントを残す