ロックもやし#010 『チェスター、お前もか!』


うぃ〜すっ!ロックもやしです。

 

今年のサマーソニックのヘッドライナーとして登場した

『リンキン・パーク』

  こん時、彼らのライヴに“サプライズ・ゲスト”として登場したバンド、

『デッド・バイ・サンライズ』

  

リンキンのヴォーカル、

チェスター・ベニントンのソロ・プロジェクトである

『デッド・バイ・サンライズ』!

 9月9日にリリースされた映画『TAJOMARU』(小栗旬主演)の

サントラに、デッド・バイ・サンライズの曲『ファイヤー』を収録。
9月30日には、日本先行で1stアルバム
『アウト・オブ・アッシュズ』をリリース!

 まさかチェスターもソロを出すとは.... 

今やバンドのフロントマン、つまりヴォーカリストがソロ・アルバムを出すことは

当たり前の時代とはいえ、個人的にはクエスッチョンなのである。 

チェスター曰く、

“リンキン・パークのアルバム『ミニッツ・トゥ・ミッドナイト』の
レコーディング開始前の休暇中に何曲かすごくいい曲が出来たんだけども、
スタイル的にリンキン・パークのものだとは思えなかったんだ。
その曲は、俺がバンドのために書くどの曲よりもダークでムーディーだったんだ。
だから、リンキン・パークに手渡してリンキン・パーク的な曲に変貌させるのはなく、
自分で自分の曲として手掛ける事に決めたんだ。”
という事で、『デッド・バイ・サンライズ』が誕生。

『ファイヤー』を聴く限り、リンキン・パークより
ちょいポップな感じでストレート!

ではあるんだけども...

もちろん、曲はカ

コメントを残す