ロックもやし #2


「うぃ〜すっ!ロックもやしです。

ついにスタートしたね。

オレのブログ....じゃなくて、

U2のツアーが!

U2のツアーが!!

U2のツアーが!!!
観てええええええええええええええええええ


こうして“え”を並べてみると、なんだか人が走っているように見ない?

.......

話しを戻して、6月30日スペインのバルセロナを皮切りに、ミラノ、パリ、ニース、ベルリン、アムステルダム、ダブリン、ロンドン、シェフィールド、グラスゴーなどヨーロッパの全域で、
14都市をまわって、秋に北米ツアー....

日本にはいつ来てくれるのかなぁ〜

来年かな。

イヤそれにしても今回もスゴイっす!

何がって、

今回は、『THE U2 360°ツアー』というタイトルがついているだけに、
360°円形ステージ。でもって、そのステージが360°まわっちゃうという内容。
どの場所からでも人に邪魔されず、ライヴが観れちゃうというわけ。
総重量390トン、トラック180台分の容量、もやしに換算すると...
......
......
......

って、計算できねぇ〜〜〜〜〜〜ええええええええええ走ってる走ってる)

で、初日のバルセロナでのライヴでは、設営に4日間、装置を全て搬入するだけで2日間を要したんだってさ。

どんなステージかは、360.u2.comでチェック!

生U2を初めて観たのが、1993年の12月10日、東京ドーム『ZOO TVツアー』最終日。
このライヴを観て感じたことは、どの位置からでもライヴが楽しめる!

以降、U2のライヴはそんなオーディエンスのことを考えてステージ作りがなされている。

バンドが大きくなればなるほど、ライヴ会場もデカくなっちゃう....
会場がデカくなれば、当然オーディエンスとの距離感や一体感が失われてしまう。
それをどうやって埋めるか。
それを常に意識して、最新のテクノロジーを利用して魅せるU2のライヴには、そんな彼らの“思い”と“伝えたいメッセージ”がステージに凝縮されているだよね。

特に前回、2006年にさいたまスーパーアリーナで観た『ヴァーティゴ・ツアー』では、
まさに“LOVE&PEACE!ROCK’N’ROLL!”
愛と平和のメッセージが込められたステージ・パフォーマンスだったね。

マジ、オレ泣いたもん。

もやしの目にも涙.....

常に進化し続けるU2は、今やバンドの理想型。

常に何かを発信し続けるバンド。

やっぱ、ロックってそうじゃなきゃね。

どんな状況下でも歩き続けることの大切さ。

まさに『ウォーク・オン』!

と、話しがそれたところで、
オレのブログ名をみんなに決めて欲しいのです。
投票方法は『MONOGLOBE』モバイル版からアクセスして応募してくれ!!
見事ファイナリストに選ばれた5名には『ロックもやし』オリジナルグッズを
プレゼントするぜェ

応募はこのQRコードを携帯で読み取って今すぐアクセス!!
          ↓

rock moyasi qr.jpg

 

コメントを残す